« ジャニーズ劇場 | トップページ | “What's up SMAP!”聞いて、書いて・・・・ »

2006.05.13

木村拓哉の「What's up SMAP!」(略)レポ(2006'5.12)

今日はですね
こんなメールからいっみたいと
こちらさとみ

キャプテンこんばんわ
いつも吾郎ちゃんの「ブスの瞳に恋してる」
吾郎ちゃんが演じている山口おさむ役は
鈴木おさむさんと一緒らしいんですが
ワッツの笑ってるだけのおさむさんと同一人物なんですか?
超イケメンって話しも聞いたんですが本当ですか
ワッツで語ってください

このメールが届いたのは4月13日なんですよ
ドラマが始まったばかりぐらいでとどいてるんですが
今日読まれるまでに何でこんなにかかったか

この質問に答えるべき男が一ヶ月ぐらい
このスタジオに来てなかったからなんですね。
今日は来たというより来させました
今日も来たことは来たんですけど遅刻
きっとタクシーがつかまんなかったんじゃないかな
と 僕はいい方にかいしゃくしているんですけど
オッス久しぶり
表参道ヒルズがらがら
今日はがらがらだから
オレよく見るんだよね山手どおりで

目が悪いからだと思うんだけど
タクシー捕まえるときにあの目つきはやめた方がいいと思う
けっこうね
タクシーに関して個人的な感情があるんじゃないかと思うぐらいの目つき

山手通のタクシー広い戦争なのよ
あの目つきで
見た目ちょっとだけホームレス

タクシーを拾ういらわないは別としてちょっと聴いていい?

一つきいていいかな
あのさ自分がTVドラマになるってどんな気持ちなんですか
はずかしい
ぜったいあたりますって感じで「SMAP×SMAP」の全室で
ブスの瞳に恋してる

自分家が自転車やさんだから
自転車を3台 シゲマツさんに贈って
それで多分こういう話になったんじゃないかと
ぼくの推測ですけどね

拓哉「まず一つ聞いていい?「ブスの瞳に恋してる」ってさぁ
この曲のパクリだよね?
おさむ「ぱくってないよ」
拓哉「パクリだよ。」

ボーイズタウンギャングで「君の瞳に恋してる」

曲 君の瞳に恋してる / Boys Town Gang

拓哉「だってブスと君しか変わってないじゃん、
正直に言っていいよ 「ブスの瞳に恋してる」はこの曲からパクッたんでしょう?
おさむ「パクッてるんじゃなくていただいたの、てゆうかもじってるの」
拓哉「もじってないじゃん 全然もじってないじゃん
リスペクトじゃないと思う、リスペクトじゃギャクに、上げていかないといけないのに
これさげてるじゃん」
おさむ「思うでしょう?」
拓哉「思ってる、ずっと思ってる」
拓哉「正直 じゃあ自分で売り込んでないかもしれないけど
じゃあわかった、フジテレビのドラマにしましょうと
決定されたときに正直どう思った?」
おさむ「スペシャル盤でやりたいとドラマの映画化の話しもあったの」

拓哉「やっぱね ホントに懐が怖いですね芸能界
自転車何台贈ったんだよっていうぐらいの」
おさむ「そんなことないよ
拓哉「なに、スペシャル盤が企画されて映画の話しも企画されて
おさむ「重松さんがその時に特番にしたんです」
拓哉「やっぱ重松さんだ」
おさむ「そんなつもりで書いてないからもうぜひぜひ」
拓哉「また 重松さんの家のポストに自分の原作何冊も
一日に六冊ぐらい入れたんじゃないの?」
おさむ「 恥ずかしいから誰にも渡してなかった」
拓哉「SMAPのメンバーにも渡してないでしょう?」
おさむ「SMAPのメンバーは慎吾にだけわたした」
拓哉「オレもらってないん これクリリン買ってきたでしょう?」
おさむ「ありがとうございます、また一冊」
拓哉「うわ懐が懐が懐が越える越える越える」

さっきからおさむ、おさむって言ってますが
この番組の構成作家をずっとやってくれている
鈴木おさむ先生という方が、いらっしゃるんですけど、
そのおさむ先生がが「ブスの瞳に恋してる」っていう
自分のことを書いたんですよ、本として
それがそこそこヒットしまして
いまなんとですね
今フジTVでドラマ化されまして
しかもなんと鈴木おさむ
山口おさむになってるんですけども
その役をまたSMAPから引き抜いて吾郎ちゃんがやっているというね

誰がいいかなってけっこうアミダしたらしいですよ
はい、改めて放送作家の鈴木おさむ先生です
パチパチパチパチ

最近このワッツは休んでばかりだったので久しぶりということで
今日はおさむ先生にですね、たっぷりと恥ずかしい話を聞こと思っています。
今日は一ヶ月半ぶりかなこのスタジオ
あと、「SMAP×SMAP」にきてくれるときはだいたいあれですよね、
お弁当食べにきてますよね
おさむ「そうそうそう」

確認してんだかなんだかしらないんだけど
いい日のお弁当をたのんでいるとき
あるじゃないですか
マイゼンとかおいしい系のお弁当がきてるときは
わりときますよね
ああ今日このお弁当だったらおさむ来ないかなっていう感じがありますけどね

メール
放送作家のおさむ先生に聞きたいことがあります
ドラマ「ブスの瞳に恋してる」では、はSMAPの稲垣吾郎さんをやっていますが
放送作家ってかっこいい人が多いんですか? 
構成作家ってもてるんですか?
みんなあんなにかっこいい生活をしてるんですか?
本当ならすごいですね。

っていうメールが来ていますけど

拓哉「ま、確かに吾郎が演じているし
服装もこぎれいだし、持ってるかばんとかもいいし
住んでるとこもすごいいいところに住んでるじゃん
あれはリアリティとしてどうなの?」

おさむ「知ってる限りはスーツ着ている構成作家はいない」
拓哉「いない、自分の周りにはいない、スーツを着た構成作家、
でもてるんですか?」」
おさむ「どうなんでしょうね~、普通よりはやっぱり、
そこそこお金はいただくじゃないですか」
拓哉「そこそこじゃないじゃないですか、簡便してくださいよ、
お前もいい加減かかれろよ週刊誌に なぁ 、まじで」
おさむ「この間はじめてすごいこの話ししようかと思ったんだけどさ
うちの近所通ると、すごいカメラマンいるよって言ってたじゃない」
拓哉「オレおしえたよね」
おさむ「教えたじゃないうちのマンションにある俳優さんが住んでるから
で、すごいな最近っていったでしょう
あの一週間ぐらいに、多分ひまだったんだろうね
そのカメラマンが、ようはその俳優さんん狙ってたんだろうけど
全然出てこないから、いっつもこいつらって感じで、はしゃいで撮ってんですよ、
こいつらの家の家賃いくらぐらいだろうって思ったら
不動産やとかでしらべられるんだって」
拓哉「それはそうでしょう」
おさむ「調べて、うちの家賃はかいてなかったんだけどん
そこの家賃の値段がでて・・・・はセレブ妻だった
お父さんが家に入っていくときの写真が出てたんですよ、
女性セブンに、出てたもんわらっちゃったもん」
拓哉「それいい記事じゃん なんだよその幸せエピソード」
おさむ「ただね ただね、いいとこに住んでるくせに
ご飯食べてるところは周りの高級料理店じゃなくて
フェミレスSって書いてあったの、でお気に入りとかミラノ定食299円
どんだけけちな人みたいなさ」
拓哉「別にそれは安いもの食べに行ってるんじゃなくて
好きなものがたまたま安いってことでしょう、それもいい話し」
おさむ「落ちがない」
拓哉「お前構成作家だろ 落とせよ なんだよ、ちょっと簡便
だって、ドラマでもおもしろくなきゃいけないっていってるのに、
全部いい話しじゃん」
おさむ「時と場合によるじゃん」
拓哉「お前は時と時と時なんだよ全部ホントに」

おさむ先生をある程度の時間独り占めできんのは
芸能界の成功者のみなんですよ。 
おれ成功者もかなって今感じてています
 
曲 ふたりの世界 / Tiffany

メール
岩手県高校三年生
ドラマ 「ブスの瞳に恋してる」について質問があります
あの番組ってワッツの構成作家の鈴木おさむさんの実話なんですよね?
おさむさんって本当にモデルと付き合ってたんですか?
エビちゃんみたいにきれいな人だったんですか?
もし本当なら超きれいですよね?
それで森さんちの大島さんと結婚しちゃたんですか?
おさむさんって本当にお笑いきなんですね?

っていうメールが来てますけど

拓哉「あんまりそういう会話になったことないよね
うちらの間で」
おさむ「そうだね」
拓哉「初めて紹介したの彼女が大島さんだったもんね
そのモデルと付き合ってるのはそういうのはオレ
逆に「ブスの瞳に恋してる」のドラマを見て知ったぐらいですから
拓哉「エビちゃんとはつきあってないよね?
おさむ「えびちゃんとはつきあってない」
拓哉「ぶっ飛ばすよ本気で、指輪したまま殴るよ」
おさむ「あとに残るじゃない」

なんでワッッで「ブスの瞳に恋してる」にまつわるメールばっかりなのか
今日のこのラジオの流れとか構成とか考えてるのもおさむ先生じゃないですか

おさむ「ま普段はね、今日はちがう、今日は違う、」
拓哉「うそつけ絶対これ、はめてると思う」

拓哉「僕が思うのに二冊目の本が出るとおもう
おさむ「出る、 5月18日ね
拓哉「えっ? 何も聞こえなかった
今日はプロモでそれで一ヶ月半ぶりに
すごい「SMAP×SMAP」ぽぃ 「SMAP×SMAP」っぽい。
本が出るからビストルにくる
モデルの部分は実話
なんで知りあったの?
合コンだ」
おさむ「女ともだち知り合いに友だちがいて、
その子がある日連れてきたのがモデルさんで
付き合って三ヶ月ぐらいで結婚考えた
その人とと結婚っていうよりも
拓哉「おさむが?」
おさむ「オレも30超えたから
いつか結婚するんかなって思ってて
赤ちゃんができてどうって
自分の人生設計考えたの結婚ってなんでみんなするんだろうなって
その彼女と付き合ってるときにうちのおくさんとあって
初日冗談半分だけど結婚しようって言ったときから
色んなこと考え初めて
その彼女にすごくいい方だったんだけど結婚しようって別れた」

拓哉「その回路がわかんない
なんでそっちに行ったの? ってことじゃん」
おさむ「それは、今まで僕が子供だったのね」
拓哉「子供?」
おさむ「そう、お子様だったの、かおとかエロイとかで付き合う彼女
決めちゃったのまずそれが第一でつきあって」
拓哉「大抵みんなそうなんじゃないですか
仕事が1位にきてしまって、彼女と会うのがにのつぎ
離婚するのに結婚する、なんでこんなに離婚するの
に結婚するんだろうって思ったときに
面白いことを考えなきゃいけない仕事のひとだよね
奥さんも芸人として価値観が似てる」

拓哉「価値観というか構えが一緒」
おさむ「構えが似ている、そういう考えで女性にお付き合いしたことなかったから
思い切って発想の転換だなな」
拓哉「そこだよな、発想の転換が、みんな納得できないわけで
なぜってその、大抵メールですよね
入っているメールワッツのHPに、
おさむ「思い切って結婚してしまったら
なんか自分が見えてくるんじゃないかと」
拓哉「でなんか見えた?」
おさむ「見えた」

拓哉「それがこの本、ドラマ化
もう、人生設計の構想としては
まあ、色んな六本木ヒルズ
表参道ヒルズとかできてるけど
最終的にはおさむヒルズを建てるとね」

メール
和歌山県にお住まいの
大学三年生
みゆきさんから来ています

拓哉キャプテンおさむ先生こんばんワッツ
おさむ先生ですよ
ドラマ「ブスの瞳に恋してる」毎週楽しませていただいています。
原作も読みました

ってことは和歌山のみゆきさんも買ったということですね

拓哉「一冊でこれいくら入るの?」
おさむ「それはいえないなんで」
拓哉「何で秘密なんだよ」
おさむ「それはいえない秘密ですから」
拓哉「いくら入るの? 印税」

拓哉「リリースファンキーさんがコメント載せてるんだすごいなぁ
だから最近あのフランキーとか
フランダースとか言ってるじゃない?
フランキーさんのことああ、あのフランダースって言ってるじゃん
いってるじゃん」

ごめんね、メールにもどるね
ひとつ聞きたいんですけど
ブスの瞳に恋してるって 
ワッツでたまに笑い声が聞こえているおさむ先生が考えたタイトルですよね
でも、ブスって普通タイトルに使いませんよね。
でも、本を読んだら奥さんがブスって言ってるのに
愛を感じてほほえましくなったんです。
放送作家ってすごいなって思いました。
このタイトルの裏話教えてください。

拓哉「なんでこういう本のタイトルにしたんですか」
おさむ「最初 あのこういう話すごいしてるでしょう実は、
ブスのタイトルとかあんまり聞かれないね
拓哉「うそ?
おさむ「なんでつけたんですか?って聞かれないね
なんでブスってつけたんですか?
ってみんなさける
拓哉「なんで避けるフレーズをあえてタイトルにつけたの?
おさむ「世にはブスっていわれてる女芸人さん
僕の奥さんで
男の人って不細工って普通にいうじゃない
だからなにっていうじゃない
って言うのがあるのに女のひとはブスって重かったり・・
ブスとか関係ないんじゃないの?
っていうことであえてオレは、使わせていただいた」

拓哉「文字でさあ
ブスってあってもそんなにパンチないじゃん
でも、音にするとさ、今radioだからもろ音のみにの世界じゃない
こういうところってブスっていうと
音にするとすごいパンチになるよね」
おさむ「すごいよ、おいいブスって言ったらすごい重い言葉」
拓哉「重い言葉っていうより、ひどい言葉」

おさむ「オレの奥さんなんてそれですごいいじめられた
小学校とか中学のとき
トラウマのことを本のタイトルにしちゃったんでしょう
関係ないよ ブスって言葉とか
もっと明るい言葉になればいいなと思ってさ」

じゃ続いて
メール
こちら東京都
おさむさんのことは今までも何度かみたことがあります
TVの放送作家の大物というと昔の大橋巨泉さんとかとか
都知事になられた青島幸男さんとかすごい人が多いですよね。
おさむさんも政治家とかになるんですか?
現東京都知事の石原慎太郎さんももともとは
映画の脚本書いている作家さんでしたよね
もともとは映画の脚本を書いていた作家さんですよね。
TVドラマの主人公に放送作家がなったって前例がないですよね
拓哉君の周りにはスゴイスタッフが一杯いて幸せですね。
おさむさんがもっと有名になったらうれしいです

幸せとかそういうことじゃないです。

拓哉「どうなんですか、将来政治家? 
選挙にはいってるっていってたんじゃない」
おさむ「国民の義務だからもちろん行きますよ。」
拓哉「政治家は興味ない?」
おさむ「全然興味ない」

「buzzer beater」
拓哉「この曲ブスに似てるかな?ブスザビーター」
おさむ「「buzzer beater」」
 意味知らないでしょう?
「buzzer beater」

おさむ「「buzzer beater」知ってる バスケの」

曲 「buzzer beater/SMAP」

拓哉「おさむがオレに言ってくれた言葉としてすごい覚えているのは
この仕事続ける限り、将来、いつか、拓哉が主演のドラマを書きたいって
言ってくれたんですよ おさむが 
で、今現在コメントを聞いたら 別にないって、ことだったんで
「ブス恋2」は僕は無理なんで」

おさむ「違う違う、おれね、ずっと心に思って昔33っていったんだよね
それ、
33になったら「SMAP×SMAP」・・・10年
その思いは今もあってそれは」
拓哉「ないっていったじゃん」
おさむ「いうのいやらしいじゃん
1個絶対いわないけどやってほしい役があるの」
拓哉「やんない ゴーン」
おさむ「今結論ださないでもっと年をとったらって思う
オレは;絶対僕しか表現ないできない拓哉っていうのが絶対イメージある」
拓哉「ピンク先生でしょう」
おさむ「ピンク先生じゃないよ
ずっとそれは
やらしていただきたいと思いますよ。
でも、原作とかじゃなくて 
拓哉「ないっていってたのにね、げんじつ」
おさむ「それは、だってさぁ、 
都知事とかそうしうこと言われたら」
拓哉「その確かに都知事は目指さないと思うよ千葉県知事ぐらいの
都知事はないな、オレも千葉県愛しているから、仕事は思うね」

おさむ「吾郎ちゃん
ひとにやさしく・・・
原作って言う形で色んな形でやらせてもらってるけど
それは本当におもっているずっと」

拓哉「オレもしてみようかな、印税生活」
おさむ「印税そこは」
拓哉「オレ本書こうかな」
おさむ「木村さんそこは違いますよ
僕は個人だから僕のところに入りますけど
木村さんが本書いてもジャニーズ事務所さんに入りますから」
拓哉「あっそっか、忘れてた、本当に忘れてた
お前個人なんだね、お前ジャニーズはいんない?」
おさむ「やだよとか いいにくい」
拓哉 「ジャニーズはいんなよまじで
引っ越さなきゃいけないもんもっと安い家賃の家に」
拓哉「言っちゃった」
おさむ「うそうそう うそです。」

いまステキな話でやっと終わりましたね
やっとおわりましたね
今日の「ブス恋」祭り
リスナー的には楽しめたのか楽しめないのかわかんないけど
スタジオの中は楽しめましたね
色んな感想お待ちしていますので

番組公認ホームWHAT'S 海賊団
掲示板でメッセージお待ちしてますんで http://www.tfm.co.jp/what-s/

ま今日は久々にスタジオにきていただいた鈴木おさむ先生と
一緒にお送りさせていただきましたが、
最後に告知を五秒でお願いします。
ブスの瞳に恋してる

|

« ジャニーズ劇場 | トップページ | “What's up SMAP!”聞いて、書いて・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20418/10039438

この記事へのトラックバック一覧です: 木村拓哉の「What's up SMAP!」(略)レポ(2006'5.12):

» 女性のための防犯@ねっと [女性のための防犯@ねっと]
女性の為の防犯、一人暮らしに関する防犯対策、防犯ノウハウを、実際に被害にあった経験や、防犯対策のレポートをご紹介するブログ [続きを読む]

受信: 2006.05.14 13:59

« ジャニーズ劇場 | トップページ | “What's up SMAP!”聞いて、書いて・・・・ »