« 今夜は七夕 | トップページ | ワッツ聞いて。。。 »

2006.07.08

木村拓哉の「What's up SMAP!」レポ(2006.7.7)

当然今週はこんなメールから行ってみたいと思います。

こちら山形県の人からメール
拓哉キャプテン、コンバンワッツ
「HERO」見ました
編集がギリギリと言っていましたよね
拓哉キャプテンも結局、
月曜の9時のテレビの放送で
初めて見ることになったんですか?
どこで「HERO」見たんですか?

ってメールが着てますけど

これはですね。
家で皆さんとまったく同じタイミングで
月曜9時に「SMAP×SMAP」でいただいた
50インチのテレビで家で見ました。
床にすわって見てました。
9時のちょっと前のレインボーなんとかっていう
あのフジテレビのダダダダタって
ニュースがあるじゃないですか?
あんときからちょっとドキドキしてました。
事前にですね。
ちょっと欲をだして
一応、オレ参加者なんだぜっ感じで、
マネージャーさんに電話したんですよ。
夕方の5時ぐらいに電話して
すいません
今日オンエアーのカンパケ
ようはすべて編集が終わった完成品のDVDっていうのを
早く入手して
みんなよりちょっと早く見てみたいな
っていう気持ちがあって
カンパケって手に入る?
って、電話を入れたんです。
今夜12時過ぎになると思います。 ゴーン
ちょっとまってそれオンエアー終わってないか?

じゃいいオンエアーでで見るよって話になって、
オンエアーで見ました

後から話を聴いたんですけど
僕が早く手にしたかったって言う
その、カンパケが完成したのが
要は編集がすべて終わったのがですね。
当日の夕方の6時 ゴーン
オンエアーの3時間前に編集が終わり
皆さんとまったく同じタイミングで見ることができました。

無事 放送し終わったということで
今日はこんな曲からスタートしたいと思います。

曲 Yesterday's Hero / ベイ・シティ・ローラーズ

「スーパーニュース」の時間には
まだ編集室で
ええっとココで音入れてみたいなことを
たぶん澤田鎌作監督はやってたんじゃないかなぁと
思うんですけども
僕あのぉ
色々
当日のね「めざましテレビ」の方だったりとか
「笑っていいとも」さんの方にに
お邪魔させていただいたんですけれども
その間に収録されたあの
小倉トモアキさんさんと
対談させていただいたコーナーがあったんですけど
「とくダネ」か
そのところにですね
えー、
小倉さんと対談させていただいた現場に
なんとですね
澤田鎌作監督がきて
「ちょっとごめん
一箇所ねぇ、、ちょっとね、
音的にニワトリの声とかぶっているところがあるから
音ちょっとほしいんだよね」って
音声だけをとりに録りに来た
「大丈夫?編集どうなの?」
いや俺もう今日で3日目って言ってましたもんね
4~5日は寝てないんじゃないかな?
って勢いで編集してくださったんじゃないかなと
思ってますけれども

埼玉県の人からのメール、女性ですね。
拓哉君、コンバンワッツ。
(こんばんわ)
「HERO」特別篇見ました。
(ありがとうございます)
久利生公平変わってなくてよかったです。
楽しめました。
今回終わったらひとつ聞こうと思っていました。
拓哉君はドラマとかで2とかって続編やるの
好きじゃないって今までそういうの
やってきませんでしたよね
今回初めて「HERO」の続編やりましたね
どんな気持ちの変化があって今回の企画は
実現したんですか?
実際続編やってみてどうですか
今の気分聞いてみたいです。

すごいですねぇ、
この、ウチのリスナーっていうのは
遠慮がないっていうところがありますよね。
もうちょっと遠慮してもいいんじゃないかな?
っていう風に思うんですけど
あのぉ
テレビ誌のインタビュアの人とかね
わりとココまで聞いてこない方が多いですね。
もみんなに代わってワッツのリスナーは
ガンガン聞いてきてくれるっていう感じは
するんですけれども

え~、
どうですかね
確かに今までは
ツーもの
なんとかなんとかツーみたいなの
そういうのがあんまり好きでないって言ってきた僕は
確かにいます。
いました。
いました って言うのも変だけど
今回やらせてもらった「HERO」っていうのは
特に2てタイトルには
なかったんですけどもぉ
5年後の「HERO」っていう
まぁ、続編ですよね
ま、前回が その終わりじゃない、っていうか
まだだから実は
連ドラしてるみたいな感覚ですよね。
5年っていうね
ずいぶんお前休んでるな?
連ドラで5年か?
みたいな時間はあまりないと思うんですけれども
個人的にはそういう感覚ですね。

あいつ移動してどうしてたんだろうなって
気持ちに
キュキュキュキュッて
寄せられてしまい
それで
代官山の喫茶店で
プロデューサーの方とか監督とか
「あいつ何やってるの?久利生って」
話を代官山の喫茶店で話して
そっからですね
「じゃやります」って話になって
今回の特別篇の話にいたった
転校してった友達の話を喫茶店でしてたら
あいつに実際会いに行こうよって話しになったって
感じですかね。

続編やってみて思ったんだけどね、
楽しい! ゴーン
非常に楽しかったですね。
これは、まあもちろん、
ストーリーが楽しくなければ
楽しいという風には感じなかったと思うんですけど
楽しかったです
非常に
意外と悪くない
オレ食わず嫌いじゃないじゃないかと思うぐらい
あっ
おもしれぇな と思いましたねぇ。

東京都の大学生からメール
「HERO」見ました。
5年ぶりにあいつが帰ってきたって感じで
すごく楽しめましたね。
(ありがとうございます)
あの、海に飛び込んだシーンありましたよね。
(はぁ ありましたね)
あのシーンは、
拓哉キャプテン本人が飛び込んだんですか?
あれってけっこう高さがあったと思うんですけど
怖くなかったですか?
あともぐった海本当に綺麗でしたね。
目の前が大きな魚が泳いだりしてましたけど
あれも本物なんですか?
CGとかじゃないですよね?

本当にね 遠慮を知らないよね。
あの、実際にあなたが飛び込んだの?ってところで
終わらせときゃあいいのに っていうぐらいの
突っ込んできやがんなぁ ホントに
まあ、あの
飛び込んだシーンありましたけど
あれは はい、吹き替えで ゴーン
スタントマンさん
なわけないだろう って
カット割りじゃないと思いますけど
どうですか?
ま、職業病ですかね
「本番行きます、ホンバン」
って言われると
「おっ行く行く」 って感じで
やっちゃったんですけれども、

まあとね、魚はCGとかじゃないの?
そこはステキですよ
ウチのスタッフ
本物の生きた石垣鯛が
現場の海に6匹来てましたからね。
要は出演者ですよ
石垣鯛役の石垣鯛さん達が
一応6人現場に来てくださってて
ほんで
その6匹さんたちが
こう実際に泳ぐ映像を撮って
あのシーンにしたっていう
でもね
すごい大変なのが
1回ね
「よーいスタート」っていってね
こう、アクションし始めちゃうと
帰ってこない! っていうね
「じゃあね」って感じでね
「お疲れ」って感じで行っちゃう
後の俺をとっといてくれよって感じで
海に去って去って行っちゃうような
出演者だったんですけれども

まあ できたらね
「おお、ひさしぶり」って
それこそね、
また「HERO」撮影されるときには
石垣鯛を狙うかどうが
今度はわかりませんけども
出会えたらいいなぁ
どこかの海で
出会えたらいいなと思いますけど
そういうシーンだったんですよ

これすごいでしょう。
細かいこというと
コッコとタロウさんがあの
盗まれてしまった養鶏場ありましたよね
ニワトリのボリスブラウンっていう
赤玉の王様っていわれている卵
あのね
ドランクドラゴンっていう鈴木さんが
パパッて二羽捕まえますよね。
あれも捕まえられる用の
ボリスブラウンさん役のボリスブラウンさん2名が
ちゃんと現場に来て
捕まえてくれ
大丈夫動から、いいよないから捕まえて
オレらは逃げないから 捕まえて
すばらしいですよ
プロ中のプロ
石垣鯛役の石垣鯛さんもそうですけど
ボリスブラウン役のボリスブラウンが現場にに来てる
っていう
もう、かなわないですよね。

久利生公平が求めているものは、いつも真実のみ
ま今回もドラマの中で言ってましたよね
オレは滝田さんかいい人かどうか
調べてるんじゃないんです
あの人が何したかを調べてるんです

いいですね
この曲行きましょう

曲 TRUE / スパンダー・バレエ

こちら山口県にお住まいの方からメール
「HERO」復活最高でした。
今回も笑いあり涙ありで
2時間以上の時間をまったく感じずに見てしまいました。
ところであの“あごま”って臭い食べ物なんなんですか?
私生まれてこのかた、ずっと山口県民なんですけど
“あごま”なんて食べ物聞いたことありません
実在するものなんでしょうか?
そして本当に臭かったんですか?
答えて。ヨロシコ。

これすごいでしょう。
生まれてこの方20年の
山口県民も知らない“あごま”
そりゃあ知らないと思いますよ
山口県民の方も
そんな食べ物「ないよ」
“あごま”なんて架空だよ って
きっとあのマスターおっしゃるんじゃないかなぁと
思いますけど

ま今回イタさんになってましたけど
俺オンエアー見てビックリしたんですけど
一応さ、、台本上はさ、 えっ? ここにあの人が
って感じだったんですよ。
でも、そこで
タキタさんが夕食とられてて
んで、みんなと挨拶して
「それではお先に失礼します」って、
帰っていくシーンだったじゃないですか?
台本上はそれを見送って
タキタさんねえ・・みたいな
台本は
はそうだったんですけど

実際にあの田中さんを目の前にすると
あのマスターだよね?
なんか確認をとっておきたくなってしまって
思わずなんかこう、タバコに火つけたあとで
「お久しぶりです。」なんか
にごらせながらも
なんか、オンエアーされてたでしょう
あれ、スタジオで本番の時にタキタさん見送って
どうしても田中さん演じるマスターが気になって
言いたくなっちゃって
言っちゃったんですよ
そしたら流れてて
ああ ヤベッ 使われている とか思ったんですけど
「お久しぶりです」って言ったことに対して
あの、田中さんは振り返って
首かしげたじゃないですか
おれ あそこで合わせてくれるんじゃないかな
乗っかってくれるんじゃないかなって思って
ちょっとこっちが、にごらせた感じで
「お久しぶりです」っていう風に言ったことに対して
向こうも気まずそうに
時間をすごしてくれるのかなと思ったら
首かしげらせれちゃったから
「あれ別人?」って感じでそのまま終っちゃったんですけど

そこの真相はまだわかんないですね
今度監督に聞いとくわ

まあ、あれは別人ぽい 感じになってましたよね。
うん・・・
あれだよ
マスターが同一人物かどうかの話じゃないんだよ
“あごま”が実在のものかどうかのメールだったんだよこれ
全然話ずれてんじゃん
あのね “あごま”はねごめんなさいね
山口県民の方びっくりされた方本当に
多いと思うんですけどね
あれは架空のものです。
久利生公平を困られたかったために作った
くさい食べ物 っていうそれだけです。
で、実際にビニール袋の中に入ってるもの
あれ実際に食べれるんですけど。
黒い干物みたいなもの、
あれ鯨の燻製です。
ここでちゃんと言っときますね。
じゃないと山口県民の方に失礼かな

だって俺ね
これちょっと恥ずかしい話なんですけど
していいですか?
台本読んだときに
あまりにも臭い食べ物“あごま”っていう風に
出てきたじゃないですか

台本受け取ったあとに
「スマスマ」のビストロSMAPの収録があったんですよ
そのときに
俺、服部栄養学校の
オレの担当のサカイ先生っていう人に
「先生“あごま”ってなんですか?」ってきいたら
先生も「なにそれ」って言われて
「や、山口県の特産品らしいんですけど
“あごま”ってなんですか?」って聞いたら
「聞いたことないな」って言われて
へえ先生も知らないのあるんだ って
俺勝手に思ってたんですよ。
で、収録スタジオいってスタッフに
「“あごま”って何からできてるの?」 って話を
台本上 石垣鯛の燻製って言うのケツに出てきてるから 
オチはあるんですけど
「これ本当なの?」って言ったら
「何を言ってるんでですか、久利生さん、これ嘘ですよ。」
“あごま”ってドラマ用の設定の食べ物ですよ」って言われて
「へーーーーーーーーーーーーー!」っていう
本当にびっくりが
実はラジオのリスナーっていうか
「HERO」特別篇を見ていただいた視聴者のみなさんよりも
一足先に俺は驚いていたという
ことですね。
ですから、みなさん、
山口県庁に電話して“あごま”って何ですか
って 問い合わせないように。
虹が浦って町もありません。いいですね。
それは確認しておきますよ。
でもね、石垣鯛って魚は本当にいますから。
だって石垣鯛役の石垣鯛さか達が
本当に来てくれたんですから。
このドラマに
うんビミョーだね、これ、

えーこちら
会社員からのメール
拓哉キャプテンコンバンバンーン
HERO特別篇見ました。
24分でしたっけ? 
長話のシーンは本当にすごいシーンでしたね。
テレビ画面に
吸い込まれそうなほど釘付けになって見てしまいました
中井貴一さん演じる鴨井産業の滝田さんが
徐々に真相を話し始めて
ついには涙を流しながらの告白。
最後には久利生検事も
目に涙を浮かべているように見えました。
あのシーンの撮影の時には
どんな雰囲気だったんでしょうか?
裏話聞かせてくれるとうれしいです。

いやうれしいですね。
逆にこういうリアクションというか
うん、気持ちを投げかけてくれると
本当にやった甲斐があったというか
実際に僕もオンエアーを見てて
気持ちを集中できたシーンだったんですけど、
あれはね
本当にスタッフも確かに
もう本当にすばらしいスタッフだと思うんですけど
中井貴一さんがいてくれたから
だと思いますよ
実はあれ、台本上は編集とまったく同じように
他のシーンも挟まってるんですけど
なので本当はこう、
分けて撮影してもいいぐらいなんですけど
現場で僕と堤真一さんのちょっと予想がありまして
きっとあの長いシーンは
滝田さんのすごい長いセリフあるけど
絶対 中井貴一さんは一気に行くんじゃないか
っていう
僕と堤真一さんの読みがありまして
あのシーンを撮影をする前日に僕と堤さんで
明日は絶対一気にいくと思うから
固めといたほうがいいっすよ。
って話をしといたんですよ
ほんで、当日を迎えて撮影に望んだんですけど
案の定、一気にいきまして。。。
もちろん台本上ですよ。

ま、僕らは本当に先もわかってるし
会話の流れもわかってるんですけど
なんかね、本番やってるときは
すごいドキュメントだったんですよ。

ドライ、カメリハ、ランスルーって
段階をステップを踏んでるのにもかかわらず
あっ 「本番!」って言ったときに
なんかすごいドキュメントな時間がすごせて
この人まだ言わないよ って言う
なんかね セリフなんだけど
なんかホントすごいドキュメントで 
できたんですよね
久利生検事も最後は
目にうっすらと涙うかべているようにも見えました
って書いてありますけど
潤んでたんじゃないですか?
あれはだからもうなんだろ?
演技ってあれになりゃあいいのかな っていう風に
思いますけどね

僕あの、オンエアーが終わったあとに
貴一さんの方に連絡させていただいて
「どうもありがとうございました」って
電話入れさせてもらったら
「いやでもね、木村君が勧めてくれた
中華三昧の冷やし中華、あれ僕もはまりましたよ」
って言ってくれて
で、あのぉ、中井貴一さんも自称、
豚の角煮フェチなんですよ。
なので、今度、木村君の方に僕の豚のお勧めの角煮を
お送りたいんで
差し支えなければ送り先を
だからオンエアー終わったあとに
豚の角煮の送り先を僕は中井貴一さんに
あの、連絡してましたね。

まあ、・・・はたぶん使わないと思うんですけど
豚の角煮が
そろそろ送られてくるんじゃないかなと
期待しております。

曲 われわれSMAPで「オレンジ」

今回の「HERO」で一番多かったのが
これかな っていうメッセージがここにありますんで
紹介しましょうか。

東京都の人からメール
拓哉キャプテン「HERO」最高でした。
(ありがとうございます)
久しぶりの久利生公平は以前とまったく変わりなく
自分の信念を貫いていましたね。
でも今回のドラマで あれ? っと
思ったことがあります。
久利生検事、
今回は事件を最後まで解決しませんでしたよね。
あの鴨井産業の滝田専務の事件と
あの政治家の汚職事件は関係があるんですよね。
政治家の事務所を見ながら、
ロックオンなんて言っておきながら
あの事件を解決しないのは
久利生検事らしくないですよね。
しかも
東京の城西支部に移動になって終わるドラマなんて
違和感があるんですが・・・。
「次も あるよ」って感じなんですかね。

ってメッセージが着てますね。
あのさぁ、遠慮してくんねぇかなぁ、、そろそろ(笑)

もし自分がね、一視聴者として、あの作品を見ていたら
どう解釈するかってことですよね。
ま見たくなるよね。
やっておきながら何で俺が期待してるんだって
いう所はちょっとありますね。
あのねぇ、これ リスナーだけじゃなくてね、
「スマスマ」のスタッフにも言われるんだけど
昨日、言われました。
同じフジテレビだろ
フジテレビの中で処理してくんねえかなって
ことはあるんですど
「おはようございます」って
「スマスマ」のスタジオに行ったら、
あの「スマスマ」のスタッフみんながね
「HERO」まだあるでしょう続き、
あそこで終わりじゃないでしょう?」って
なんでスマスマのスタッフに指差されて
俺が聞かれなきゃならないんだよって
思ったんですけど

今はっきり
この場で
全国ネットで
俺が 自分の言葉で言えるのは
これ間違いないのは
5年ぶりの久利生公平
スゲエ楽しかった
ありがとうございました。

番組には公認HP「WHAT'S 海賊団」で
みんなからのメッセージ待っていますんで、
掲示BANG!に投稿してください。
「WHAT'S 海賊団」のアドレスは
http://www.tfm.co.jp/what-s/

まあ、あるかないかはマスターにきいてみたいかな
「どうなんですか?」ってゆったら
「ないよ」と言われんのか
「あるよ」って言われるか
それは僕も聞いてみたい って言う

☆~Smap~☆~Smap~☆~Smap~☆~Smap~☆

拓哉君 少し風声でしたね。

「HERO」の続編は確定的でしょうか?

続編がまた連ドラという形なのか

次回の特別篇なのか

一部噂で流れている映画なのか・・・

楽しみに待ちたいと思います。 

感想はまた次回にでも・・・。

 

いつものようにメールは名前を省略しています。

それ以外はなるべく拓哉君の言葉を再現しようと
努力していますが、
実際と違うところがあるかもしれません。
誤字脱字はお許しくださいm(__)m

|

« 今夜は七夕 | トップページ | ワッツ聞いて。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20418/10839641

この記事へのトラックバック一覧です: 木村拓哉の「What's up SMAP!」レポ(2006.7.7):

« 今夜は七夕 | トップページ | ワッツ聞いて。。。 »