« 木村拓哉のWhat’s up SMAPレポ(ワッツ)2006.12.15 | トップページ | 「武士の一分」檀れいさんが広島で舞台挨拶 »

2006.12.16

ワッツ聴いて。。。

ワッツレポはココです。

  

今日のワッツ

拓哉君魂ですね~。

ライブの最後に毎回言ってる言葉と同じだと思いました。

演出部に拍手

撮影部に拍手

出演部に拍手

録音部に拍手

照明部に拍手

美術部に拍手

製作部に拍手

そして鑑賞部拍手

 

ライブも映画も拓哉君に言わせたら同じだと思います。

ライブはSMAPだけの力じゃない

映画も木村拓哉だけの力じゃない

あの目がいいって言ってくれるのも

カメラマン長沼むつお 六さんの演技指導があったから

・・・

   

拓哉君はたぶんこう言いたいんでしょう

「武士の一分」のヒットは

木村拓哉さんとか山田監督のように

表に出てる人だけでできたものじゃなくて

たくさんの100人以上の人の結集の賜物? 

かな?

  

そういう拓哉君のものの考え方 大好きです。

そういえばFNSの時もオーケストラの人に

エール送ってましたよね。

そういう感謝の気持ち大切ですよね。

  

 

あの木刀、近々ワッツのHPで見えるんでしょうね。

ラジオが見えるっていいですね(*^^)v

  

それと、今日からスポンサーにNikonが加わってました。

あのCMの拓哉君の言葉

かなりうれしかったです。

NikonD40 CM
最初のうちは写真を撮られるっていうことだっただけ
だったんですけど
撮ってくれる人側に回ったらどういうことになるんだろうな
っていう興味がわいてきて
本当に自己流で誰かに教わるってことなく
徐々に徐々に失敗を重ねて
これぐらいの明かりだったら
絞りはこれぐらい絞ったほうがいいのかな
そういうことを自分なりに経験して
撮っていったような気がしますけどね
気持ちは楽にいつも撮ってるんで
ま失敗したら失敗したで
それはそれで
ひとつの楽しみ方だなって
いつも思ってるんですけど
やっぱりいいわNikon

拓哉君と私じゃ月とすっぽんでしょうけど

それでも ベースは同じだったということが

うれしかったです。

あのせりふ拓哉君が考えたのかな?

それともニコンかな?

聞いてみたい気がします。

  


Nikon 一眼レフデジタルカメラ D40 レンズキット シルバー

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 木村拓哉のWhat’s up SMAPレポ(ワッツ)2006.12.15 | トップページ | 「武士の一分」檀れいさんが広島で舞台挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木村拓哉のWhat’s up SMAPレポ(ワッツ)2006.12.15 | トップページ | 「武士の一分」檀れいさんが広島で舞台挨拶 »