« さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP’06 | トップページ | 紅白特製ブログツールななみちゃん »

2006.12.16

「たったひとつの恋・最終回」亀梨和也

好きな番組が終わるとやっぱりなんか淋しいね。

  

少しだけ感想。。。

結婚を男性のほうから取りやめたシーンとか

できすぎてる気がした。

ヒロトはいつも友達の手助けがないと 

自分の気持ちも伝えることができないのか? って

イライラもしたり

私も取りやめたとはいえ

一度ほかの男の人と結婚決めた女性

許せないだろうなぁ? って思ったりして

  

でも、最後の最後

バスから降りてきて抱きしめあったシーンの

ヒロトが心の扉を全開にした

あの気持ちは伝わってきて ジーン(゚ーÅ) ウルウル

  

それにしても演出!

こういうドラマってなぜか走るシーンが多いね?

なんで急ぐとき 車とかタクシーとか 自転車とか乗らないの?

それに

バスの後ろ追って走るシーン 色んなドラマで多すぎ!

それと ヒロトはスーパーマンか?

バスに追いつくところなんて

ちとマンガ・・・ (笑)

  

なんか、突っ込みどころの多いドラマだった気がする。

ハッピーエンドになるドラマにしては音楽とか

途中暗すぎだし・・・

でも、やっぱ、北川 悦吏子 のドラマの持つ雰囲気

演じる人がいいからだと思うけど 好きだなぁ~。

ドラマなんだからドラマチックでいいんだなって思わせてしまう。

  

亀ちゃんの次なるドラマ期待します。

たぶんまた見ると思う(*^^)v

  

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP’06 | トップページ | 紅白特製ブログツールななみちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマスSP’06 | トップページ | 紅白特製ブログツールななみちゃん »