« 拓哉君のジャック園長に会いたい! | トップページ | ワッツ聴いて。。。 »

2007.09.29

木村拓哉の「What’s up SMAP!」(ワッツ)レポ2007.9.28

最近、こんなメッセージ多く来ますねー。
ちょっと多いので、こんなの行きます。

京都府の人からメール
キャプテンコンバンワッツ、
最近、髪形変えましたよね~。
「HERO」のプロモーションで、テレビにいっぱい出てるの見て
あれ? 久利生と違うじゃん、
黒くなってんじゃん と思いました。
最近噂になっている「HERO」の次の映画のためですか?
かなり長さも短くなってるし
万俵鉄平の時も黒かったし
最近キャプテン黒い髪が多いですねぇ
もとはそんなに真黒なんですか?

そうですね、
結構最近短くなりましたね。
長さ的にはどんなもんだろう?
鉄平さんと同じぐらいかなぁ
自分あまりには気にしてないからよくわからないんですけど

色はそうですね、黒くしていますね
何でこうなってるかといいますと、
とある仕事のために切りました。
というか、黒くしました。
この話ねぇ
今までねぇ、このワッツでもねぇ
言っちゃいけないっていう感じになってたんですよね
でも、あの、いよいよ今日話します。

髪の毛の話解禁、
略してヘアー解禁 ゴーン

本日はもうヘアー解禁です
いいんですね 見えちゃって
違うんだ?
解禁ってそっちの話じゃないんですね
髪の毛の話解禁じゃなくて
新しい映画の話解禁なんだ
ああ

俺的には髪の毛の話解禁っていう
ま、ヘアー解禁の方が、わりとワッツ的で面白いと思うんですけど
あぁ、みんなが聴きたいのはその話じゃなくて、
新しい映画の話なんだ。
ああなるほどね、どうもすまんだ

髪の色が黒くなりました
ってことで、
今日のオープニングこれ

曲 黒くぬれ! / ローリング・ストーンズ

髪のことについては、こんなご意見も多くいただいてるらしいです
最近、髪の色黒くなりましたけど、どうせやるんだったら
「HERO」の久利生検事の時に黒くした方が
リアリティあったんじゃないですか?

なーあんてメッセージ
まあ、確かに映画「HERO」やるにあたって
髪の毛の話は監督ともしましたね
メイクのウッチーともいろんな話したんですけどもぉ
俺いいのかな? って感じできくと
いいんじゃないですかって
それよりも、今回ジャケットを着るかもしれないけど
そのジャケットの方合わせてもらっていいですか? とか
だから、髪の色どうすんのよ? って
もう1回聴くと
いやぁ、だからいいっすよ、
それで靴なんですけど
完全にシカトされているなっていう

久利生の髪の色に対しては
わりとそんな扱いなんだなって感じですよ。
でも、ここだけの話
久利生は、実は色んなところの毛が型破りなんですよ ゴーン
ここだけの話ですよ
ここだけ
ちょっと無理がある

ということで木村拓哉の“What’s up SMAP!”
サポーテッド by Nikon
この番組は。。。

最近長さとか色だけじゃなくて
髪形も変えました? みたいなメッセージも多いんですけど
あの、僕ね、ごめんね、
髪形は、自分では何にも気にしてないんで
変えたとか 言われても分かんないんですよ

新しいお仕事というか
今撮影中の「I COME WITH THE RAIN」こちらの現場に行くとですね
全部やってくれるんで、全部向こうのスタッフに任せてるんで
僕は座ってるだけです

ここ最近ですね
こんなメールをたくさんもらってました
新しい映画があるんでしょう
早くその話しろよ

っていう
ま、ホントにたくさん来てて、
早く話さないといけないなぁと思いつつも
「HERO」の映画の方のね
公開とかもあって、
そっちの感想とかも紹介したかったんで
この話がのびのびになっちゃってました。
申し訳なかったでがんす
許しておくんなまし。

ということで、今日やっと自分の口からお伝えします
わたくし木村拓哉また映画に出ます
ふふふ
変な言い方で、変なテンションでしょう
ちょっとですね、
アゲアゲになる要素として
日本の映画じゃないんですよ
何映画になるんだろう?
制作はアメリカの会社なんですけど
や? や、え?

制作はフランス?
制作はフランスか
ゴメンゴメン、
制作会社はフランスです
だから、全編映画のヨーロッパ映画です。
自分的には、フランス語だろうが英語だろうが
外国語なので似たようなものだなぁと思うんですけど
「I COME WITH THE RAIN」っていう作品なんですけどぉ

まぁ、公開ととかは、まだ詳しく聴いてないんですけど
一応2008年ってことで
ということは、来年だね
今回は「2046」みたいなことにはならないと思います
5年先とか
そういうことにはならないと思いますよ
監督もですね
国籍はフランスになるのかな
パリに住んでらっしゃるベトナムの方なんですけどぉ
トランアンユンって方が監督をしてくれてまして

「青いパパイヤの香り」っていうね
作品があるんですけど
まあ、これちょっと急だったんで
やるかやんないか、今日中に決めてって言われたんですよ
マネージャーに
ありえないだろうと思って
どんな映画を撮った人なのか分からないから
その人が撮った映画を見てみたいなとおもって
DVDがあったら家に送ってくんねぇかなって言ったら
速攻送ってきて
それ見てやるかやんないか決めてって言われました
ほんで、見て、
この「青いパパイヤの香り」見て
見ている間ちょっと考えて
出る出ないっていう考え方じゃなくて
参加するかしないかって考えたら
これ、した方が、また違う経験がね
絶対できるし

「青いパパイヤの香り」の中でねぇ、
食べ物のシーンがあるんですけど
食料パンと出るんですよ
用意されたそのお料理が
そんときにのねぇ
テリというか
ま、僕ベトナム料理ってそんなに詳しくないですけど、
なんか匂って来たんですよ
匂って来た
映像ってなかなか匂いは伝えられないじゃない
どんなにさぁ、リアルに映像を映し出したとしても、
なかなか匂い的なものってないんじゃないかなぁと
思うんですけど
記憶にアクセスされたというか
あれ、なんで俺 DVDを再生しながら
匂いをちょっと感じちゃってるんだろうっていう感覚に陥ったので
これ面白いなって思って
で参加しようと決めて
その2日後ですかね
監督がわざわざ日本に来てくれて
東京ミッドタウンの
すごいでしょう、
東京ミッドタウンで
監督とお会いして
正直匂ってくるぐらいの映像を表現した人なので
偏った人なのかと思ってたんですよ

見た目的にも、
第一印象的にもなんかちょっと癖のある人なのかな
って思ってたの
それが全部ひっくり返された
ミカミヒロシさんとサナダヒロユキさんを
足して二で割ったようなおしゃれなかっこいい人が来て
あれ? って思ったら
監督です
って言われて
あの人がパパイヤ撮った人なのか
おもしれぇ って思いながら
打ち合わせさせていただいて、
うん、まあ、年齢的にも全然若い感じですし
40いや、半ばいってないんじゃないの
ひょっとしたら
半ばぐらいなのかなぁ

そんな感じもしないぐらい
熱血な感じですよ
で映画の内容なんですけど
これはねぇ、そうだなぁ、
松竹さんでも東宝さんでも今ないので
決まってないので、
言えるところまで
かなり厳しいと思うんですよ
映画「HERO」とか「武士の一分」みたいに
国内じゃない話になっちゃうので
英語で怒られたら相当怖いと思うので
だから、ちょっとセーブしようかなと

東京都の人からメール
キャプテン、映画「HERO」の次の映画は
ヨーロッパの映画なんだそうですね
映画のでっかいスクリーンで見るキャプテンは格別なので
これからもじゃんじゃん映画をお願いします。
ヨーロッパの映画なのにイ・ビョンホンと共演なんですね
映画「HERO」に続いてまたまたの共演ですね。
新しい映画の話をそろそろ教えてくださ~い 

っていうメッセージ来てますけど
まさにそのとおりです
ヨーロッパの映画なのに、また共演させていただきましたね。
イ・ビョンホンさん
この間ちょうど、これあんまり言うとあれなんですけど
撮影現場で一緒になりましたね
あいかわらずですねぇ。一つ一つ丁寧な方でしたね

ではここで1曲
今僕が撮影中の映画のタイトルは「I COME WITH THE RAIN」

その「I COME WITH THE RAIN」にすごく似たタイトルの曲を
ここでご紹介します。

曲 Here Comes The Rain Again / ユーリズミックス

他にもですねぇ
ていうか
この「I COME WITH THE RAIN」という作品の最近では
主演はですね、ミスタージョシュハーベットっていうね
パールハーバーとかブラック・・・って映画とか
最近ではカブルースエウイルスさんと共演してますね。
ラッキーナンバーセブン、いやあのね
いや、ジョシュはやばいです
かなり自然体ですよ
これは、自分が勝手に思ってるだけかもしれないですけど
かなり波長を合わせていただいて
ていうか、かなり波長合います。
フィリピンロケが僕あったんですけど

その時に自分の撮影のスケジュールは一切ないんですよ
ジョシュのね
その時は僕の撮影入ってたんで
ジョシュの撮影はなかったので
スケジュール的にはオフだったんですけど
ちゃんと現場に足を運んで、
デジカメでいろんな風景、写真に撮ったりしてましたね
お芝居をしあうみたいな、そこまでの作業が残っているので
楽しみに取って置けって言うぐらいの
スケジュールになっていますので
楽しみにしたいなとは思っております

和歌山県の人からメール
キャプテンコンバンワッツ
新しいヨーロッパの撮影の方いかがですか?
順調ですか?
噂で聞きましたが、フィリピンとか香港で撮影しているそうですね。
ヨーロッパ映画と聴きましたが
ロケがフィリピンとか香港って
どんな・・・ですか?

って、書いてありますけどこの○○ちゃんが聞いた通りですね
僕は今回の作品の撮影で、今のところそうですねぇ、
フィリピンのミンダナオ島って島と
香港に行ってきましたね。
しかも、香港、今のところ2回ぐらい行ったのかな?
大丈夫ですかね? みんな
リスナーのみんな話理解できてますかね?

ベトナム系のフランス人監督トランアンユンさんという方がいて
その人の作品で今回「I COME WITH THE RAIN」
全編英語のヨーロッパ映画で、
その撮影をフィリピンとか香港でしているっていうね
めちゃくちゃ国の名前出てきたでしょう

これねメモって聞いた方がいいかもね
もう一回言うね

えーまじ

映画監督がベトナム系のフランス人の方でトランアンユンさん
映画のタイトルは「I COME WITH THE RAIN」
で、まあ、
全編英語の作品なんですけども
その撮影をフィリピンとか香港でしているヨーロッパ映画
こんな映画の撮影現場っていうのは
どんな現場か、
想像できますでしょうか?
自分も、想像できませんでした
初めて撮影クルーに合流したのは
その、フィリピンのミンダナオ島の現場だったんですけど
現場に行った瞬間にちょっと気分的に
あっこれ、ウルルン滞在記入ってるなって言うぐらい
撮影に着たっていうより、俺冒険に来たんだなっていう
えっマジで? っていう状況が多々あったんですけど
すごいところ行ったもん
宿泊してステイ・・してもらうところから
撮影現場までは、また1時間ぐらい山道で
そこを移動して撮影しますって言われて
僕らの感覚でゆうと、その山道って言っても
日本における山道は山にあるアスファルトの道を
車で1時間行くのかな? って思うじゃないですか

本気に山道でしたよ
四駆のCM用みたいな山
いやいやいやホントに
セキュリティでついてくれてる、あの軍隊の人たちの車も
すごいゆっくり行ってましたからね
ホテル?
ホテルじゃないですよ
泊まったのは、
フィリピンの政府関係の人の別荘みたいなところに
泊めさせてもらったんですよ
宿舎じゃないですよ
だから、その個人の所有物、別荘に
ちょっとお邪魔しますって感じで
だから、本当に食時に事をとりますよ とか
そういうことになっても、
そこの、おうちの人が作ってくれるんですよ
だから、 いただきます って感じでら

なんだよこの料理って思いながら
とりあえず、今しか食えないし
外食とかないから、気分がウルルン

スパゲティボロネーズは
その時はさすがに、これはないな
頼めないし、それはないなと思って、
出された食事を食べましたよ
ちなみに日本人
俺を含めて日本人は
俺を含めてですよ、ミンダナオに言ったのは4人です。
ま、それ以外はスペインのメイクさんがいたりとか
フランス人のスタッフがいたりとか
フィリピンのね、国の中で撮影しているんで
フィリピンの、スタッフがいたりとか
会話は英語とフランス語とスペイン語とが
色々入り混じってるような

でもね、「HERO」でスペイン語のさぁ、あれ聴いてたじゃん
テープ、スペイン語講座
スペイン人の人びっくりするよ
久利生公平の時にぃ、耳にしてた言葉を
いきなり言うんですよ

メイクさんは、スペインの方なんだけど
気を使って英語で俺に対してのコミュニケーションすべて英語に
いや、これはこういうものだから全然安心してくださいね
って言う感じで、メイクしてくれる時に
あ僕もそう思います なんてことを
ふふ、スペイン語で返すじゃないですか
そうすると、しゃべれるの? みたいな感じで言われるんですけど
いや、もうしゃべないです。
単語何個か知ってるだけです
メイクさんもちょっとでも、
拓哉にスペイン語覚えてもらおうみたいな
スタンスをこう取ってくれて、
いやわりと楽しんでますよ、僕は。

ちなみに聴かれる前に言っときますけど
僕はフィリピンでも、今回の香港でも
スパゲティボ・ロネーゼ食べました
あのねぇ、フィリピンの最終日の夜
お願いだから風呂入りたい って言う風に言って
急遽ホテル撮ってもらったんですよ
そこに、移動して最終日の夜寝たんですけど
そこで食ったスパゲティボ・ロネーゼはね
☆5つ中6つでした
もうやばいですね
今でも出てきますね
もう、つばが出てきますね
感動した
今小泉さん入っちゃいましたけど
感動した

ほんで、香港のホテルでも
世界をまたにかけたポロネーゼ好きとしては
これは、報告しないといけないなと思って
食べるときに写メ撮って
このワッツのラジオのディレクターに送ったんですよ
僕が使ってる携帯 香港だとそのまま使えるので
画像そのままクリリンに送って
何おまえ今どこにいるの? って話になって
俺今香港のホテル
俺、海外の携帯初めてオンタイムでメールした
ありがとう
いや、ありがとうじゃなくて
ボロネーズを食うよ ってことに対して触れてほしかったんだけど
いっさいそこには触れずに
俺は海外の携帯とメールをしたうれしい、ありがとう っていう
リアクションで、
この人ずれてるなって思ったんですけど

でまぁ、
ここまで話してて、今気づいたんだけど
俺さぁ、自分の役の話とか全然してないよね
ミートソースとかスパゲティボ・ロネーゼの話しかしてないよね
映画の話ですね

そうそう
今回僕はですね、
作品の中で、シタオっていう日本人だと思いますよ
アジア人でいいのかな
ちなみにこのシタオ
苗字はスガ じゃぁないです
スガシタオじゃないですよ

スガシタオじゃないですって言ったところで
聴いてもらうのは、もうこれしかないでしょう
スガシカオさんが書いてくれたこのきょくですね。
これ、世良さんがライブやってくれてるんですよ
びっくりです。

SMAPで「夜空ノムコウ」

曲 夜空ノムコウ / SMAP

また髪形の方の話に戻りますがぁ
今現在の髪形の経緯として
「I COME WITH THE RAIN」の監督と香港で
最終的な打ち合わせをしようっていうことで
現場に行ったら
やっぱりちょっと切りたいな って言われて
どんぐらい? って言ったら
自分で無造作に切った感じにしてって感じで言われたんで
その場で切ってもらいました

また、あのやっぱりちょっと髪の色が明るいって言われたんで
僕ね、地毛が明るいんですよ
いや、久利生までは明るくないですけどぉ
ガキの頃の写真見ても明るいんですよ
現在の黒っていうのは染めた上での黒なんですけど
自分的にも新鮮だなっていう黒さですね
もうちょっと黒くしてほしいなっ言われたんで
その場で切ってその場で染めました
ホテルの部屋で
MADE IN 香港ですね、これは。

-CM-

ちょこちょこっと、あのぉ媒体だったり番組の中で
あいつちょっと髭をそってねんじゃないの? って言うような
部分が顔を出すかも知れないんですけど
そちらも監督にそうしてきてって言われたんで
これなかなか生えないんだよね
1週間ぐらいほっとかないと、
髭だっていう感じになんないんで
なので、そういう部分もあったりします。

さあ、こんな僕にみなさんメッセージください。
メッセージは番組公認HPその名も「WHAT'S 海賊団」
掲示BANGからお願いします。
「WHAT'S 海賊団」のアドレスはこちら
http://www.tfm.co.jp/what-s/

こちら携帯からもアクセスできますので
ネットとかで、僕のスケジュールの噂とかを見つけちゃった人は
こっそり僕に教えてください。
うちのメンバーの慎吾もですね。
最近、インターネットで
あっ俺「映画王」に行くんだ っていうのを
マネジャーより先にインターネットで見つけて
自分のスケジュール帳に書き込んでるらしいです。

ということで、
木村拓哉の“What's up SMAP!”
サポーテッド by Nikon
この番組は。。。

FMVのね、デスクトップに、やりましたよクリリン、
ついに、デジカメの写真保存しました。
あはははは
おせぇ あはははは
たまたまかも知んねんだけど
あの、Nikonデジカメあんじゃん
あのメモリースティックってそのまま直にいけんの
FMVに入って、すごい達成感だったよ

スパゲティ・ボロネーズの写真も取り込んだし、
ヨーロッパチャンピオンズリーグの俺が撮った
ACミランとリバブルーの写真も入れたし
あとカンヌ、あとモナコ
あと、モナコのネー、
トゥルーリのマシンに僕ちょっと乗ったんですけど
そんときの写真とかね、入れたんですけど
フォルダー作りましたからね
Nikonってフォルダー作りましたから、俺。
ふはははは

今なんて言ったの?
CD-R焼いとかないと
ハードディスクが壊れたときになくなっちゃうの?
なんの話してんの? それ
何CD-Rって?
エロイ? R指定?
何笑ってるの?
このまま番組終わるわけ

∽…∽…∽…∽…∽…∽…∽…∽…∽…∽…∽…
いつものようにメールHN省略しています。
誤入力、放送と違う表現などありましたらお許しください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ訪問、ありがとうございます。ポチッとヨロシコ

  

|

« 拓哉君のジャック園長に会いたい! | トップページ | ワッツ聴いて。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拓哉君のジャック園長に会いたい! | トップページ | ワッツ聴いて。。。 »