« ワッツレポは。。。 | トップページ | 「聖女の救済」東野圭吾 »

2008.11.09

木村拓哉さん主演『武士の一分』北米公開予想上回る結果

今年4月から始まった山田洋次監督、木村拓哉主演の『武士の一分』(英題“Love and Honor”)の北米公開成績の好調。20館以上のアート系劇場で上映され、今月6日(木)に終了したが、ロサンゼルス・タイムズ紙などでの高い評価や、山田監督のアカデミー賞外国語映画賞ノミネートとなった『たそがれ清兵衛』を公開した劇場が、評判を聞きつけ問い合わせてくるなど、当初の予想を上回る満足な興行成績をあげることができたという。(varietyjapan)              

詳細はこちらです。   

  

「武士の一分」は時代劇だから、

外国人に受けるんじゃないかと思ってました。

そういえば、「I Come with the Rain」は日本でいつ公開なんでしょうねぇ?

映画俳優・木村拓哉は、ジョニーファンになって以来

拓哉君にも期待したいんですけど・・・。

ドラマより、一話完結の映画の方がDVDのリピート率高いっていう

単純な理由からですが・・・。 

拓哉君もどんどん見て心が安らぐような映画撮ってほしいですね。

☆☆~・・~・・~・・~・・~☆☆~・・~・・~・・~・・~☆☆

12月17日発売
s.m.a.p ライブDVD/SMAP 予約受付中>>
8,400 →¥6,384

super.modern.artistic.performanceCD/SMAP 発売中>>

|

« ワッツレポは。。。 | トップページ | 「聖女の救済」東野圭吾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワッツレポは。。。 | トップページ | 「聖女の救済」東野圭吾 »