« あいつの声が聞きたい。 | トップページ | ジョニー・デップ ファンイベント「アリス イン ワンダーランド」 »

2010.03.22

ジョニー・デップ、ティムバートンの記者会見 

(下から読んでくださいね)

ジョニーさん色々な役をやられておりますが、毎回同じようにならないような役にするのは難しいですか?―「僕としては人を観察することがとても大切だと思います。周りの人を観察して、自分の引きだしにしまっている。いつも違う役をやっていると思っています。」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


「アリスの設定を19歳にした理由は?」―「19歳と言う年齢は人生で言う過渡期ではないかと思う。子供から大人になる葛藤がある年代で、うさぎの穴にはいってしまってしまうという年代ではないかと思ったから。」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


「ジョニー・デップさんはどのような想いで色々なメイクをしていらっしゃるんですか?」―「僕にとっては変装することで、役に入り込めるし、自分を隠すことができる。メイクをすることで、役に埋もれることができる。飽きさせないために必要なことだと思う」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


「ワンダーランドに迷い込んだら何をしますか?」―ジョニー「ず~っといます」ティム「私はそこで2年もいるので、そろそろ旅立つころです」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


作品を作る上で衝突することはありますか?問題を解決する時はどうしますか?―ティム「今までこののような質問をされたことがなかった。考えてみると一度も衝突することはなかったし、お互いに共通する部分があるから」ジョニー「いつも同じ意見なのでラッキーでした」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


「俳優として3Dについてどう思う?」―ジョニー「ティムに支持されるだけだから、俳優としてはあまり関係ないんです」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


3D映画に対する期待は―ティム「3Dの方式は今回あったから、この作品をやりたいと思った。アリス・イン・ワンダーランドは媒体とストーリーがマッチしていると思った。何かが違う世界であるというワンダーランドを3Dという方式で伝えられたと思う」 約2時間前 webから


「この映画で一番伝えたかったことは?」―ティム「今回のテーマは単純なものなんだけど、内容はとてもシンプルである。」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


お二人にとって日本のワンダーな部分は?―ティム「日本がワンダーランドだから何度も来ているんだと思う。日本はデザインや様式が驚かされる」ジョニー「ティムと同意見だけど、世界で一番のあたたかい出迎えをしてくれる。日本でしかめっつらにあったことがない。」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


ティム・バートン監督「巨大な伊勢海老が出てくる夢をみました。ただ寝る前に『ゴジラ』を見ていたからかな?」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


「夢の中でもワンダーランドのようなところにいたことがありますか?」―ジョニー・デップ「僕の夢は往々にしてくらいです。ティムもじゃない? ティム「ぼくはあんまり寝ないから」」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


ジョニー・デップ「アリスのような強い女性はもちろん好きです。情熱を持って信念、妥協しない精神は好きです。強い女性に限らず、強いものをもった人が好きです。またメッセージですが、自分を信じること。」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


ジョニー・デップさんへの質問「強く戦う女性が好きですか?戦っている若い女性への応援メッセージをお願いいたします」 #ALICE_jp 約2時間前 webから


ティム・バートン監督「ジョニーとは「シザーハンズ」に始まり、色々な作品を共に作ったが、写真をならべると色々な役どころをやってくれいた。また、どの作品を作り始める時も初めて仕事をするように仕事をしてくれる!」とおっしゃってます! #ALICE_jp 約2時間前 webから


「ティム・バートンが他の監督は違うのは“ティム”だから。真のアーティスト。本当の意味での芸術を作っている。彼には妥協がない。彼と仕事をするのは家に戻るという感覚で、共同作業をするという意味で安心感がある。彼には独創性がある!」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


ジョニー・デップさんへ「ジョニー・デップさんとティム・バートンさんとはタッグを組むことが多いと思いますが、ティム・バートンさんは他の監督さんよりどのように優れているんですか?」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


ティム・バートン監督の娘さんもご覧になったそうです!  #ALICE_jp 約2時間前 webから


「ジョニー・デップさんのお子様はご覧になりましたか?」―子供たちは観ていて、子供たちのために試写会をひらいたそうです!  #ALICE_jp 約2時間前 webから


「帽子屋を演じることはとても違和感はなかったそうです!私生活では帽子は5つか6つ持っているそうです!」  #ALICE_jp 約2時間前 webから


めざましテレビの軽部さんが質問していますよ!「今日も素敵な帽子をかぶっていらっしゃいますが、ジョニーデップさんは帽子屋の役はどうでしたか?プライベートではいくつの帽子をお持ちですか?」と質問されました!  #ALICE_jp 約2時間前 webから


とってもカッコ良い方というのは知っていましたが、オーラが凄いですね!ジョニー・デップさん、ティム・バートン監督!お二人とも日本によく来て頂いてうれしい限りですよね!  #ALICE_jp 約2時間前 webから


ティム・バートン監督が「コンニチハ」をおっしゃってます!二人のツーショットは素晴らしいです!歴史的瞬間のようです!  #ALICE_jp 約2時間前 webから


いつもと変わらないスタイルで登場です! #ALICE_jp 約2時間前 webから


登場ですよ!ジョニー・デップとティム・バートン #ALICE_jp 約2時間前 webから


(TSUTAYA ツイッターより

|

« あいつの声が聞きたい。 | トップページ | ジョニー・デップ ファンイベント「アリス イン ワンダーランド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あいつの声が聞きたい。 | トップページ | ジョニー・デップ ファンイベント「アリス イン ワンダーランド」 »