« Blu-rayレコーダーが壊れた。 | トップページ | 佐藤健君の「たけてれ」 »

2019.08.17

木村拓哉さん主演ドラマ「教場」

木村拓哉さんの来春のドラマ「教場」に

オフィシャルHPができてますね。

主演・木村拓哉、脚本・君塚良一という豪華初タッグのスペシャルドラマが実現する!原作は「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を総ざらいした長岡弘樹の『教場』(きょうじょう)。警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化(累計55万部)、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品だ。待望の初映像化にあたり、主人公のカリスマ教官を演じるのは、日本を代表するトップ俳優、木村拓哉。数多くの大ヒット作で主演を張り、検事、総理大臣、天才外科医、ボディーガードなど多彩な主人公を演じてきた木村が、今回、ヒーローではなく“謎に満ちたヒール”に挑み、他を寄せ付けない凄(すご)みのある圧倒的な姿で、これまでにない冷酷無比な役どころを演じる。そして、脚本を手がけるのが『踊る大捜査線』シリーズのヒットメーカー君塚良一。木村とは初タッグとなる。また、木村とは『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年、主演)、『プライド』(2004年、主演)などの作品で共に伝説を作ってきた中江功が演出を手がけ、総計4時間越えの大作となる今作をフジテレビ開局60周年特別企画として2020年新春に二夜連続放送でお送りする 

(「教場」オフィシャルHPイントロダクションより)

 

演出は、上記にも書いてあるように

拓哉君のドラマをよく手掛けているている中江 功 さんです。

中江さんは私の友達の同級生なので

会ったことはないですが、なんだか身近に感じます。

 

「教場」のHPはこちらです。

2019817

なんだか、秋に始まるドラマよりもこの「教場」の方が

進行が早いみたいですね。

よほど力を入れているんでしょうね。

さっそくお気に入りに入れました。

来春のOAが楽しみです💛

 

| |

« Blu-rayレコーダーが壊れた。 | トップページ | 佐藤健君の「たけてれ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Blu-rayレコーダーが壊れた。 | トップページ | 佐藤健君の「たけてれ」 »